復旧ソフトを安易に使用して悪化させることも…




市販されてる復旧ソフトやフリーソフトの復旧ソフトは便利なツールではあります。
しかしながら、論理障害でも使い慣れていなくて、復旧したデータの保存場所を障害のあるHDDに 指定して保存してしまいますと、復旧したい場所に上書きされてしまいますので、まだ復旧出来てな いデータが読みだせなくなることがあります。
また、論理障害と判断したHDDが軽傷な物理障害だった場合、復旧ソフトでエラー個所を何回も 読み込み・その他のエラー個所を読み込みを行うことによって、障害の症状が重症化して物理障害 の傷がひどくなって、認識できなくなることがあります。
例えば、OSのシステムのところが、軽症の磁性体剥離によって読み込み不可になり、OSが起動で きなくなった時などは判断が難しくなります。このような場合は、なるべくHDDに負荷をかけず に速やかにデータ救出が必要となってきます。
PC-3000はHDDの制御基盤と会話しながら、HDDのヘッドの制御や回転数の制御、エラーの発 生してる箇所は読み込みに行かないように制御して、データの必要なところを復旧することができま す。
HDDに障害が発生したら京都パソコン修理TeraWinまでお問い合わせください。


パソコン修理メニュー

  • HDD・ハードディスクのデータ復旧
  • SSDのデータ復旧
  • NAS・データサーバのデータ復旧
  • USBメモリのデータ復旧
  • SD・microSDのデータ復旧
  • スマフォの物理障害のデータ復旧
  • ノートパソコン液晶修理
  • surface pro 液晶交換
  • MacBook 液晶交換
  • タブレット の液晶修理