ヒンジの修理なら京都 TeraWinへ

御池烏丸すぐ 御池新町西入ル北側

京都市中京区橋ノ町755-1 根崎ビル2F

TEL 075-223-5001

定休日 木曜・日曜  臨時休業 11/23

ノートパソコンのヒンジ部分の修理

 

この情勢で外出を控えられてるお客様も、宅配での修理受付しております。どうぞご利用ください。

宅配での依頼されます時は、まず”宅配修理・データ復旧依頼について”をお読みいただき、”宅配修理・データ復旧依頼申込”から依頼申込をお送りください。

TeraWinの定休日は当分の間 木曜と日曜になります。

ヒンジの土台部分の修理

一部のノートパソコンは軽量化や部品数を少なくするために土台部分がプラスチックに形成されてる機種が多くなってきています。
ノートパソコンを長年使用していますと、開け閉めなどによって土台に負荷がかかりまして、割れたりすることがあります。割れたりしますとうまく締められなくなったり、ベゼルなどが浮いたりします。

TeraWinでは、土台のプラスチックを特殊な方法で形成しなおして、正常な開け閉めができるように修理いたします。

ノートパソコンの開閉に不具合がでてきた、ヒンジの周りのベゼルが開閉時に浮いてきたなどの時は、弊社にご相談ください。外見からはわからないように修理させていただきます。

正常なヒンジ

ノートパソコンのディスプレイ受けの正常なヒンジ部分の写真です。軽量化などの理由により、一部の機種ではプラスチックにネジ受けがつけられていています。

壊れてるヒンジ

上記の左側ヒンジの写真と比べますと、ネジ受け部分が疲労破壊などによりネジ受けが壊れて取れてる状態です。この状態になりますと、ディスプレイの開閉が困難になり、キーボード上部の部分のベゼルが浮いたりします。

正常なヒンジ

TeraWinでは、特殊な方法により内部のネジ受けを修理して正常にディスプレイを固定できるようにいたします。外側からネジで固定して外部からわかるような修理方法は、ほぼ行っておりません。破損していない反対側のヒンジにも補強作業をさせていただくことも可能です。

※ただし、破損の状態により、外部から少し傷跡が残る可能性はあります。

液晶のヒンジ破損

ノートパソコンのディスプレイ側のヒンジが剥離したことにより、外側のプラスチックカバーが浮いた状態です。

正常なヒンジ

上記の写真の裏側から撮影した写真です。この機種もトップカバーの内側のプラスチックにネジ受けが作らています。

正常なヒンジ

液晶側のネジ受けを修理・補強して正常に開閉できるようにいたしました。

液晶の開閉を右端もしくは左端をもってしてますと片側のヒンジに負荷がかかり、ネジ受けが破損しやすくなります。なるべく中央をもって開閉していただくことをお勧めいたします。